射精管理 面談日

射精管理と尽くす男.jpg

その場には43分も早く到着してしまいました。

管理主様が空腹かもしれない、とモスバーガーを買っても、それでも43分前です。

部屋に入ると、がたっと音が聞こえては、立ち上がってドアのところへ行きまして、
ドアスコープを覗きました。
1回目は清掃の方が器具をぶつけた音だったことがわかり、戻って座り直します。

またがたっと音が聞こえてはドアスコープを覗きます、今度は誰もいませんでした。

またがたっとなってはドアスコープを覗き、結局8回くらい覗いたのですが、管理主様は訪れませんでした。

ドアスコープを覗く.jpeg

9度目の正直でしょうか、ピンポーンと鳴ったとき、

あ、そうか、

ノックじゃなくてベルがあったのか、と自分の注意力の低さを恥じながらも、
今度こそ間違いない!と確信を持ってたたたたっとドアスコープを覗きます。

マスクを付けて、整った素敵な前髪の、ダッフルコートに身をくるんだ管理主様がいて、
頭の中が真っ白になりました。

実は前回の12月28日、管理主様がインフルエンザになってしまい会うことができなかったのです。

そうしてついに今日を迎えました。

結論からいって、今日の射精はありませんでした。

ですが、面談でわかったことは、色々ありました。

まずはご挨拶をして、少しずつ調教がはじまります。

まさかこの時、射精せずにいかされるなどとは思いもしなかったのです。

射精したいの?
はい、と言う私。

じゃぁ、すれば?

彼を管理する方法 .jpg
・・・・・・・え、、。

混乱する、

したい、でもしたくない、

でもしたい、したいです、と伝える。

ふーん、じゃあそうやって自分の好きにしたらいいんじゃない、これからも。

・・・・・・・・すいません。

管理していただいているのに、

射精を懇願しているという矛盾に、何がなんだかよくわからなくなる。

管理主様に、一体何と言ったら良いのだろう?

いきなり管理初心者丸出しで恥ずかしい気持ちになります。

まもなく三週間射精していない状態で、つい、という。

そんなことは知ってるケド。

・・・・・・・・・・すみません、射精しろと言われたらします、言われなければしません。

本当ね?

ものの3分で奴隷化を実感し、間髪入れず、

射精する瞬間を再現するように言われます。

最初は恥ずかしくて、うう、いく〜とやると、
三週間溜めたのにそんなじゃないでしょ?とやり直しが命じられます。

何度も、何度もやっていると、
直前の演技が、演技なのか現実なのかかわらなくなってしまう。

確かに射精自体はしていないのに、

いつも射精する時と同じポーズをとって、
同じような声が出て、
最初は演技している認識があるのに、
3回目くらいからは精子こそ出ていないのですが、
射精しているような気持ちになる。
管理主様は想像通り頭の切れる方でした。
最後に射精したときはどうやっていったの?

その前は?

そう、気持ちよかったねぇ、と少しずつ忘れていた射精を思い出していき、
最終的には少し触れられるだけで喘ぎ声が漏れる、

え?今触ってないんだけど?あはは、と言われる。

はっと気づく、本当に、触られてもいない、
触るふりをしただけで?
たくさん我慢してよかったね、おりこうだね、

我慢したからこんなに気持ちがいいんだよね?

はい、と言うのが精いっぱいだ。

じゃあまだ我慢できるよね、

と焦らされる。
今日も、この次も、
本当にいけないかもしれない、

そんな恐怖で凍りつくと、見透かしたように頭を撫でられる。

さっきまであんなに射精したかったのに、
今は我慢して良かった、
もっと我慢できるかもしれない、と思う自分がいる。

人間はどうとでも刷り込みができるのです、

極限の状態で正しい判断ができない状態で、ひたすらokだった発言のときに飴を与え、
ngの発言の時には罰を与える。

それをひたすら交互にやるだけでも、刷り込めるのです。

こんなことを冷静に書いてわかっているのですけれど、また管理主様に会った瞬間に、例えば履いてきたスニーカーで踏まれるだけで、わかっていてもまたスイッチが入ってしまうものなのです。
 男に尽くさせる方法.jpg

 

帰り道、たくさん女性がいるのに、まったく目に入ってこない、

心が管理主様に言われたこと、管理主様の香り、管理主様に踏まれたこと、

そして何よりも褒めてもらえた、そんなことでいっぱいになったのです。

そして、二週間くらい出さない人くらいたくさんいるけど?

と真顔で言われたのが、とても悔しかった、管理主様に認められたい、、、
やはり、男など簡単に操れるのではないだろうか?
そんなことがわかってきたような気がした面談日でした。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中