射精管理 無射精19日目

%e5%b0%bd%e3%81%8f%e3%81%99%e7%94%b7

いよいよ面談日だからだろうか、

夜は5時間眠ったあたりで起きた。
もちろんとてつもない射精欲で起きたわけで、
うー、と唸って毛布を握りしめて、乗り切る。
そういうのが脈拍と同じタイミングで襲ってきて、
その度に頭中は真っ白になって、目がとろんとなった。
例えば射精しないと5日目くらいで、
あぁ、出したいなあ、と襲ってくる2倍のエネルギーで。
この状態から解放されたい、
でも、今日会った時に褒めて貰えるのだろうか、
そう考えて切り替えてみる。
面談日は散々焦らされ、今日射精のお許しが出ることは100パーセントないとわかっているのだ。
射精したい男と管理する女.jpg甘い期待もない、
あるのは、その次のお休みに射精のお許しをいただけるかどうか、
その事が書かれた紙を別れ際にいただくだけだ。
もちろん次の休みまで開いてはいけない。
こんな状態でも、最低あと2日は射精できないし、もしかしたらまだ射精できないこともあるのかもしれない。
どうなってしまうのだろうか。
朝食を食べる、
コーヒーを飲んで、お手洗いへ。
いつものようにおしっこをしたら、
白みのあるゼリーのようなのが5ミリくらい先端から垂れていて、あ、、出てしまったのか、と思い、何だかとても悲しくなった。
余りにも溜まりすぎて出てしまったのだろうか。
これは今度、我慢して我慢して、
さあいよいよ最大の快感を、、というときの一部だったのに、と思って悲しくなる。
また出てしまわないだろうか。
でも、液体ではなくて、スライムのような状態になっているそれをみ見て、
最後に射精した12月22日に作られたのが熟成してこうなったのかな、などと考えてみて、
そしてまだまだ中にはこのゼリースライムがいるのだと思うと、楽しみとともにまた辛さがこみ上げてきた。
ずっーと、精子がゆっくり登ってきている、
いかないように触られ続けてるみたいだ。
ドキドキして、食欲もない、手が震えてきた、も、もうやめたい。
面談で射精できないものだろうか。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中